Jメールの私の投稿にメールをくれた里村さんと、メール交換からLINEで通話をするようにもなりました。
パトロン募集で始めてやりとりになり、通話になった人でしたから、話をするのはかなり緊張しました。
だって、お金を支援してくれる人になって貰えるかもしれないのです。
なるべく良い印象を与えるように心がけ会話をしました。
通話も何回か繰り返すことに。
すぐにお金あげます!という流れにはなりません。
これはしかたがないことでしょう。
相手も、一緒にいて大丈夫なのかどうか、そういう部分が気になるのでしょうから。

 

 何度か通話したあと、面接でお茶をしたいと言い出しました。
ついにその時が来たかと、ワクワクしました。
私のスケジュールにかなり合わせてくれたため、待ち合わせすること自体は難しくありませんでした。
こういうところ、リッチな紳士は懐も広いなという感じです。
胸をときめかせつつ、待ち合わせをすることになりました。

 

 待ち合わせ場所は、ホテルのラウンジでした。
高級ホテルのラウンジは、雰囲気からして圧倒されそうでした。
無事に里村さんと対面して、スイーツとお茶をいただきながらお話をすることに。
ハッキリ言えば緊張で、スイーツの味が分らなかったりもして。
「そんなに、緊張しなくてもいいよ。リラックスしてくれ」
言われて、ちょっと肩の力が抜けた感じでした。
お喋りを続けて行くと「そうだな、しばらくお茶と食事に付き合ってもらってから、継続するかどうか決めたいんだ。当然その時もちょっとした支払いはするからね」と、こう言ってもらえた時、本当に良かったなっていう気持ちになりました。
完全なパトロンになったわけではないものの、テストしてくれるのです。
見た目が良くないアラフォーの私なのに、食事のお誘いをしてもらって感激でした。

定番サイト登録無料女性は完全無料

男性のみ有料だから安心して探せる